生活クラブ大阪とは

生活クラブ生協大阪とは

「食の安全」「環境」「助け合い」などの社会にある問題解決に積極的に取組もうと、大阪で活動している生活協同組合です。

私たちは、北海道から兵庫までの全国の生活クラブ生協連合会(33生協、約35万人)の仲間とともに「安全」「環境」「健康」を第一に考えた消費材づくりに取組んでいます。

そして、組合員と生産者との産直によって大切に育てた食材をはじめ、安全で健康な生活に様々なこだわりを持っています。農産物の国産自給率向上に向けて、消費材の原材料はできる限り国内産を使用したり、Non-GNO(非遺伝子組み換え)作物・食品は当然のこと、乳畜産品については飼料までこだわります。

また、環境に配慮してリユース可能な容器を使用するなど多くの組合員の「願い」や「思い」を実現しています。

生活クラブ生協大阪のめざすもの

近年、私たちは経済的な豊かさと便利さを手に入れた一方で、「食の安心・安全」 「環境破壊」 「人間関係の希薄」など次々と新しい問題を抱えるようになりました。生活クラブ生協大阪ではこれらの問題に対し3つの取組みを中心に活動しています。

1.食の安心・安全
消費する私たち自身が求める安心・安全を実現するため、「産直運動」をとおして生産者と共に安心・安全な食材作りをおこなっています。

2.環境問題への取り組み
近年地球温暖化をはじめ、環境問題は私たちにとって大変深刻な事態となっています。未来の子どもたちに豊かな自然環境をつなぐためにも、環境に配慮した石けんや洗剤の利用、びん容器のリユースなど身近な所から環境への取組みをおこなっています。

3.助け合い
人間関係が希薄になってきた現在において、人と人とのつながりによって得られる信頼関係、そこから生まれる安心感を大切にするため「生活クラブ生協大阪の助け合い」をとおして様々な活動を展開しています。

消費材の基本方針および考え方

消費材って? 生活クラブ生協大阪では、食品や生活雑貨は売買によって利益を得ることを目的とした「商品」ではないので、「消費材」と呼んでいます。

『産直』を柱に、次のような基本方針と基準によって消費材の配置を行っています。

  • 1.農産物 国産を原則とし、自給率の向上をめざす。
    また、化学合成農薬や化学肥料をできるだけ使用せず、循環型農業を進める。
    その上で、輸入農産物については遺伝子組み換え作物、ポストハーベスト農薬を問題とし、排除の方向。
  • 2.食品添加物について 不必要な食品添加物は使用しない。中でも、化学調味料、合成着色料、合成保存料はすべて排除する。
  • 3.遺伝子組み換え作物について 食品の原材料、食肉や鶏卵など畜産品の飼料への遺伝子組み換え作物の使用を排除していく方向で進める。
  • 4.『環境ホルモン』物質について 原則排除。容器、包材も直接食品に触れるものには使用しない。
    雑貨類も塩化ビニール製品等、取り扱い禁止。
    環境ホルモンの疑いがある農薬も原則排除。
  • 5.洗剤について 合成界面活性剤を使用した洗剤は取り扱わず、『石けん』の普及を進める。
  • 6.容器・包材について ゴミ減量、ダイオキシン問題への対応。原則、紙容器、びん容器(さらにリユースびんの推進)を使用。

ページの先頭に戻る