TPPを批准させない! 10.15 1万人行動 中央集会と銀座デモに参加しました。

「TPPを批准させない!全国共同行動」の一環として、10月15日「一万人行動」が東京で行われました。

生活クラブ大阪から、理事1名が参加しました。

以下は、参加した理事からの報告です。

政府は、この秋の臨時国会でTPP(環太平洋経済連携協定)の批准と関連法案の成立を強行しようとしています。

TPPで日本はどう変わってしまうのでしょうか。

TPPは農業の問題だと、多くの方が思っています。

①もちろん日本の農業に深刻な影響を与えるでしょう。

しかし、それだけでなく、②食の安全に関わる遺伝子組み換え食品などの食品表示の規制緩和。

③大手製薬会社の利益を守るための薬価制度の変更。

④安くできるだけ平等に医療を受けられる、世界でも充実した医療制度を持つ日本の国民皆保険制度が脅かされる。

その結果、⑤民間の生命保険会社に大きなビジネスチャンス到来。

⑥雇用 ⑦公共事業 ⑧知的財産 その他、多岐にわたっており書ききれないほど、国民生活全般に大きな影響があります。

しかも秘密交渉なので、多くの国会議員ですら詳細を知らされていません。

当然、国民が細かい内容まで知ることはできないのです。そんな中でどうやって賛成できますか?

現在、大統領選挙を控えたアメリカではTPP反対の声が非常に高まっており、候補者が2人ともTPPに反対しています。

他の参加国でもアメリカの批准が見通せない今、関連法まで含めて完全に批准した国はありません。

日本だけが批准を急いでおり、極めて異常です。

みんなで声をあげればTPPは止められます。生活クラブ生協では署名活動もしています。

カタログと一緒に署名用紙も配布されました。もっと必要だという方は支所まで連絡いただければ配達でお届けします。ぜひ署名にもご協力お願いします。  

理事 高垣智子

  • インターネット注文
  • 生活クラブ生協フェスタ
  • 配達エリア案内
  • クラブ通信
  • ビオサポ
  • これいいクラブ
  • CO・OP共済
  • 近畿ろうきん
  • 京都の樹木葬

ページの先頭に戻る